明日の入荷情報・お得情報・特売情報

【旬の魚】あら/ほた~クエと混同されるクエより幻な魚!

旬の魚図鑑
アラの基本情報

味・おすすめ度:★★★★★5.0
文句なしの満点評価。
大きいほど美味いが非常に入荷が少ない。
小さな幼魚でも十分すぎるほど旨い。

価格・産地・呼び方など
大きなものは新潟などでブランド化されるがほぼ入荷はない。
徳島の小さなアラがよく入荷、「ホタ」と呼ばれる。
小さなアラなので「コアラ」とも。
小さなものでk1200~1600、大きな物ならk3500以上。


アラはクエと同じハタ科の魚。
その中でも特に味の良い魚として知られていますが・・・

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

大型の物は特に水揚げ量が少ない!クエを「幻の魚」と呼ぶ方がいますが、アラの方が100倍幻です。

また九州の方では「クエ」のことを「アラ」と呼び、それが結構広く通用しているのでややこしい。

これは天然のクエ。
見た目もよく似て混同しやすいと言われますが、見比べると全く違います。
それよりも本物の「アラ」があまりに入荷が少なく、市場関係者でさえ「見たことない」方が多いのが実情。

「アラ」の旬?!について

一般的には「大型魚は秋~冬にかけて脂がのって美味しくなる」と紹介されています。
ところがこの魚、大型の物は思った以上に入荷が少ない!

こちらの市場で見かけた最後の大型のアラ。
記録には2020年3月とあります。
コロナ禍の影響もありこれ以降入荷なし。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

前もって注文しておけば引っ張れますが、kg単価10000円を超えることも!そんな怖いことできません・・・

こちらの市場によく入荷するのはこちらのアラ

まだまだ小さい幼魚。
全国的に見ると日本海で水揚げが多いですが、こちらに入荷するのはほぼ徳島産。
徳島では「ホタ」と呼ばれます。
入荷量こそ多くありませんが、年中忘れた頃にちょこちょこ見かけます。

小さいからと馬鹿にできないのがこの魚!

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

これほど美味しさが分かりやすい魚もそうそうありません!言葉を借りれば「究極の美味」。脂のりに頼らない魚本来の味わいがスゴイ!しかもいつ入荷してきても美味しいという無敵の魚。

さばくときに少し注意が必要で

小さいくせにエラ蓋のトゲが鋭く固く大きい。
ウロコが細かくて取りにくいので、ついつい力入れてギャッとやるとビュッて刺さります。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

幸い毒はないようですが、バイ菌が入るといけないので刺した箇所は包丁の峰か何かでトントントントン叩きましょ。その時は痛くて血もバァーと出ますが、治りも早い・・・気がします。

しっかりとした身質でやや硬め。
水揚げから2日たっているのに、いまだ活かり気を感じるほど。
刺身はもちろん、薄造りでより旨味を感じることができます。

加熱料理では適度に締まります。
頭や骨や身に塩を当てて、しばらく置いてから焼くだけでリッチな味わい!
当然骨や皮も旨いので、煮付・塩煮・鍋物・蒸し物何でも来い。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

地元人気が非常に高く、なかなかこちらの市場にはきません。なので小さくても驚きの高値!のはずが、知名度は低く魚体も小さいために人気なく、安値で買えることも多いです。

アラの料理・レシピ

面白い魚が毎日入荷する!さかなの仕入れ屋の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました