明日の入荷情報・お得情報・特売情報

【旬の魚】うめいろ~通好み!知る人ぞ知る超マイナー旨魚

旬の魚図鑑
ウメイロの基本情報

味・おすすめ度:★★★★★4.5
春のイサキと時期がかぶることが多い。
トロのような脂のイサキがインパクトが強く一般受けする。
食べ比べられると力負けする分▲0.5

価格・産地・呼び方など
入荷するのはほぼ土佐清水直送便のみだが、比較的入荷頻度が高い。
小さいものでk1600~大きくなるほどに値が上がるがk2500まで。


ウメイロ=梅色
いかにも和風な名前を持つ魚。

お悩み
店長

でもどこが梅色なん?梅の花はピンクか白やし、梅干しは赤いし、青梅は緑やし?!

はい、これです。

この完熟梅の色。
魚を見てこの色を思い浮かべるとは!
黄色というか山吹色というかなんとも深い色。
おかげで風流で美しい名前になったんですね~
バナナウオとかじゃなくて本当にヨカッタ。

ウメイロにはよく似た魚がいます

こちらウメイロ

こちらアオダイ!
並べてみると

やっぱりそっくり!
ウメイロもアオダイもフエダイ科アオダイ属の魚。
なので似ていて当然と言えば当然。

しかしこちらは

たかべ

ウメイロと同じく背中の黄色いラインが特徴的なタカベ。
ウメイロのことを「沖タカベ」と呼ぶこともあります。

しかしタカベは、タカベ科もしくはイスズミ科と考えられていて、ウメイロとは無関係。
魚体の大きさや顔つきが全く違うので、見間違うことはないです。
市場に出回る時期も少しかぶるので、見比べられたら面白いですね。

知名度が低いのに高値安定なのは熱烈なファンの方がいるから!

前食べたあの魚、ウメイロっていうの?また入荷したら電話ちょうだいな。絶対に食べに来るから!

この魚、好きな方は本当に好きです。

口に入れた第一印象は「上品で淡白」
しかしその上品さの中に凜とした見事な旨味。
時期になると身に脂が混在しますが、その脂の甘みさえも上品に感じさせる。

同時期に旬を迎える「イサキ」の旨さには、皮目の風味・脂の甘さ・身の旨味が複雑に絡み合ったような重厚さを感じます。
「ウメイロ」の旨さはそれとは対照的。
上品さの中に一本芯が通った極シンプルな美味しさに感じます。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

なのでウメイロは「毎日食べても飽きない。また食べたくなる味わい。」と評価されます。

とは言え、ウメイロも皮が美味しい魚なので焼き霜造りにすることもあります。
炙った皮ごと食べる事で、旨味は増し風味も付きます。
ですがウメイロらしさを味わうなら、皮は引くほうがいいのか?!
どっちも美味しいので悩みどころですね~

ウメイロの料理・レシピ

ウメイロのお刺身

ウメイロの上品な味わいを最大限に引き出すため、極短時間こぶ締めにしています。

ウメイロの個性を生かすために、皮は炙らず引いてしまう方が好きです。

面白い魚が毎日入荷する!さかなの仕入れ屋の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました