明日の入荷情報・お得情報・特売情報

【旬の魚】かいわり/めっきあじ~市場にこない!旨すぎて地元消費

かいわり旬の魚図鑑
カイワリの基本情報

味・おすすめ度:★★★★☆4.4
味は5.0!ただし小さいものが多いので少し手間がかかる。
今の所、野締めしか入荷が無く、鮮度的にやや落ちるので評価を下げた。

価格・産地・呼び方など
入荷するのはほとんど串本、ごくまれに土佐清水直送便。
小さいものならk1100~、大きいものは希少でほとんど入荷ない、があればk1800くらい。
こちらの市場ではメッキアジと呼ぶが、他にもそう呼ばれる魚がいるのでカイワリで統一したい。


その美味しさは最高級魚「シマアジ」に、勝るとも劣らない!

まとまった漁がないので流通量は少ないですが、日本のあちこちに生息。
なので釣りをする方にはその美味しさを広く知られる魚。
また流通量が少ないのは「あまりに美味しすぎて、ほとんどが地元で消費されるから」という噂。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

こちらでは串本から直接引いてる仲買さんがいます。なので旬になると毎日のように市場に並んでいます。春~夏にかけては、前もって注文しておけば、ほぼ確実に手に入れることができると思います。

シマアジと味は互角!なのに値段は半額以下!

天然しまあじは小さくてもk2500前後、大きいものならk4000~青天井。
それに対しカイワリは小さいものならk1000円前後で手に入ります。
と言っても・・・

かいわり

本当に小さいんですけどね!
こちら4月に串本から入荷のカイワリ。
2kg立ての箱に8入りですから、1尾250gくらい。

かいわり

極まれにこんな大きな物(35cmくらい!)も入荷しますが、ほとんどが2kg立の箱に6~12尾以上入ったもの。
シマアジの小さな物と比べても、さらに小さいものが中心なんです。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

なのでこんなに美味しくても安い!

さらに入荷量自体は非常に少なく、シマアジに比べ圧倒的に知名度も低い。
決まった人しか買っていかないので、競争も起きず価格は高騰しない。

さらにさらに串本から入荷するすべて、鮮度が良いとはいえ野締め。
せめて氷海水で〆てくれてたらもっと価値が上がるのになぁ~と

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

一度産地の方に活け〆してもらえるようお願いしてもらったのですが~「そんなんでけへん!」と一蹴~

とは言え、鮮度は良いので十分刺身で楽しめるレベル。
うれしいことにこの魚、小さくても脂があってめちゃくちゃ美味い!
大きいに越したことはありませんが、小さくても超おすすめ。

カイワリは本当にシマアジより美味しいのか?!

勝負の前にひとつ

シマアジは超高級魚なので、たとえ小さくても市場に並ぶものは全て活け〆、あるいは何らかの手当をされて万全を期して売られています。
それに比べカイワリは、最近よくなったとはいえ扱いはシマアジよりはるかに
この時点で純粋な魚VS魚の勝負ではありません。
ましてや熟成して食べるとなると、水揚げ後の処理の良いシマアジが美味いに決まっています。

その点を考慮した上で結論から申し上げますと・・・

「Draw・引き分け・甲乙つけがたい」

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

すみません。どっちも美味しすぎて決められません・・・

カイワリは小さくても脂のりがよく、身質がきめ細やか。
上品なのに旨味が濃く、それでいてまろやかな口当たり。
この魚本当に美味しいです!

今の所、市場にあるカイワリはほとんどが野締め。
なので中には少し鮮度の悪いものや血の回ったものが混じりますが、塩焼きや煮付けにたらめちゃ美味。
そのことを考えても非常にお買い得な魚だと自信を持っておすすめします!

カイワリの料理・レシピ

面白い魚が毎日入荷する!さかなの仕入れ屋の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました