明日の入荷情報・お得情報・特売情報

【旬の魚】めいちだい~珍しく「ぜひ活けで刺身にしてほしい魚」

めいちだい旬の魚図鑑

「活け」であることにこれほど価値のある魚も珍しい!

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

魚は熟成させてなんぼ!

ですが、この魚は活け〆してすぐの「活け」にこそ価値のある魚。
絹のように滑らかな、ねっとりとろけるような舌触りはこの魚特有の物!
また活けでもしっかりと旨味を感じられ、刺身にして最高に旨い。

めいちだい

これは土佐清水直送の船上活け〆の物。

もちろん寝かせても美味しいですが、「この魚の特長」と考えた場合は活けに価値を感じます。
熟成させた場合は、皮の旨味を活かした「焼き霜造り」もおすすめです。

めいちだい

その名の通り「目」に特徴のある魚です

めいちだい

頭部から目を貫くように褐色の筋が見えるのが名前の由来。
活け〆したばかりは色濃く分かりやすいですが、その後神経抜きすると治まります。

もう一つ、ネットなどでよく見かける情報が

目に独特の臭みのある油があるので目を傷つけないように!

というもの。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

実際に何度も食べていますが、いまだにそのような個体に出会ったことが無いです。産地によるもの?鮮度によるもの?これは不確定情報ですね・・・

頭は普通にあら炊きや塩焼きで絶品です。

最高に美味しい魚ですが・・・ちょっと疑っていることがあります

この魚が市場にまとまって出てくるのが毎年「盆過ぎ」
一番魚が少なく、魚の値段が釣り上がる時期。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

ただでさえ白身魚が少ない時期。この時期に脂ののったメイチダイは大変貴重で多少高くても気にせず買うことが多いです。

気になるのは「あまりにもまとまりすぎている」ということ。

めいちだい

こんな感じで全てが全て肥えていて、大きさもほぼ揃って入荷。
確かに脂はあるのですが・・・

はっきりと養殖魚のような味がするものがいるんです。
荷受けさんに「これ養殖では?」と何度も確認しました。
答えはいつも「天然です!」

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

入荷してくるメイチダイ全部がそうではないのですが・・・怪しいと感じたものは買っていません。いつも同じ産地の物なので。

価格的に刺身にするのが妥当ですが、他の料理も絶品!

特にあらの周りが美味しいので、あら炊きや骨蒸しが最高!
極まれに〆の魚を安く買えることがあるので、その時は身を塩焼きや鍋・蒸し物などで楽しむのもいいですね!
塩焼きする時は事前に塩をして、しばらくおいてから焼く方が美味しいです。

面白い魚が毎日入荷する!さかなの仕入れ屋の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました