明日の入荷情報・お得情報・特売情報

【旬の魚】こしょうだい~勘違い?!美味しいのに安い不遇の魚

旬の魚図鑑
コショウダイの基本情報

 

味・おすすめ度:★★★★☆4.0
秋~冬にかけて大型のよく肥えたものは非常に美味。
寄生虫の問題が無ければもっと評価は高い。

価格・産地・呼び方など
市場ではコロダイと呼ばれ、混同されていることもある。
活けでの入荷は愛媛・徳島・淡路が多い。
小さなものはk700~大型でもk1200前後と安い。


仲買
有名魚屋

コロダイやと~!そんな臭い魚いらんわ!!

売れ残りそうな魚を押し付けたい仲買と、少しでも安く買い叩きたい魚屋の攻防。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

ちなみに二人が争っていたのはコロダイではなく、コショウダイでした。

こちらの市場ではコショウダイはコロダイと呼ばれることが多い。
と言うか、そもそもこの2種を同じ魚だと思っている節もある・・・

コロダイは時期によっては臭みのある個体もあり。
しかしコショウダイで「臭い」個体にはいまだ出会ったことはない。
皮目にある磯の香りは「臭い」というより「個性」として受け入れられる心地よいもの。
味だって、ぼうずこんにゃくさんの言葉を借りると「イサキと石鯛の中間くらい」の上々の味わい。
さらに秋~冬にかけては脂のりも良くなり、特に大型魚は旨味・甘味ともにレベルが高い。

そしてコロダイも時期と目利きを間違えなければ美味しい魚。
なのにいまだにこの2種を区別もせず、どっちも臭い魚と勘違いしている方の多いこと・・・

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

いい魚が安く買えるからいいんですけどねぇ・・・

さらに言うとコショウダイの水揚げが一番増えるのは、産卵のために沿岸部に寄ってくる夏ごろ。
どの魚にも言えることですが、産卵直前・直後は一番美味しくない時期なんですよね~。

でも実はコショウダイが安いのには他にも理由があるんです。

 

恐怖!ディディモゾイドの呪い!だからコショウダイは安いのか?!

お悩み
店長

ディディディディ・・ディディモゾイドとは何ぞや?!

その恐怖の呪いにかかったコショウダイがこちら

11月愛媛より入荷の活けのコショウダイ。
5kgアップの素晴らしい魚体に肥え方も最高!
k1000と安く「これは喜んでもらえるぞ!」と思って買い付け。
その3時間後・・・

寿司職人
おやっさん

はしもっちゃん!今日のコショウダイ全然使われへんわ~

ものすごく意外な反応に理由を聞くと

「身の頭側から尻尾まで、ず~~~っと虫が入ってて使える部分がほとんどない」

そうです!
ディディモゾイドの呪いとは・・・

勇気を出して画像を確認する

この寄生虫の事!

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

これがかなりの高確率で「いる」んです!

ただしディディモゾイドは人体には全くの無害。
生食しても全くの無害。
ただただ気持ち悪いだけ。
それでもコショウダイの美味しさを知る人にさえ、買うのをためらわせる・・・
本当にこれが無ければもっと値が上がってもおかしくない魚だと思います。

なんだかんだありますが、やっぱりコショウダイは美味しい魚!

コショウダイを初めて食べた時は感動しました!

そんな声も聞こえるくらい、本来は美味しい魚。

こちら11月淡路より入荷の3.6kgのコショウダイ。
丸々肥えた魚体にキュートなくちびる。

斜めに入ったストライプと黒の水玉模様がお洒落な魚。

皮目にはしっかりと脂がのっています。
エンガワ部分を見ればその脂のりの良さがよく分かりますね!

頭の方の身が赤くなっているのもこの魚の特徴のひとつ。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

血が回ってる!とクレームをもらったこともありますが、この魚はいつもこんなんです。

刺身にしてみると脂のりの良さ、身質の良さがよく分かります。
味は「イサキと石鯛の中間くらい」という表現がまさにピッタリ!
身の旨味が濃くしっかり、身はやや硬く噛み締めるほどに旨味がしみ出てくるよう。
ここにほど良く心地よい磯の風味が加わりますので、好きな人にはたまらない味わいと言えます。

加熱料理は皮を付けたままで。
独特の皮の風味が楽しめます。
身は適度に締まりしっかりとした食感に。
単純に塩焼き煮付けで美味しいですが、との相性もいいのでフライなどもおすすめ。

コショウダイの料理・レシピ

面白い魚が毎日入荷する!さかなの仕入れ屋の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました