明日の入荷情報・お得情報・特売情報

【旬の魚】きじはた/あこう~関西の夏を代表する魚・・・だった!?

旬の魚図鑑
キジハタ/アコウの基本情報

 

味・おすすめ度:★★★★☆4.0
「ハタ科の魚で一番旨い」
という人もいるほど味の評価は高い・・・が!
夏場によく出回る「活」には虫のいる可能性高い。
ハズレを引いたショックの大きさで評価は低め。

価格・産地・呼び方など
こちらの市場ではもっぱら「アコウ」と呼ぶ。
標準和名である「キジハタ」は関東のもの。
小さいものでもk2500~大きいほど高くk7000になることも。

冬の「ふぐ」夏の「アコウ」
それほど関西では夏の食文化を代表する存在だったアコウ。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

でも今はそれほど『夏の風物詩』という感じではないですね。他にも美味しい白身魚は出回りますし、何と言っても「はも」の存在に圧倒されているイメージ。

かつては瀬戸内海での漁獲量も多かったのですが、2000年頃からグッとその数を減らしています。
今では『夏』に入荷するアコウは圧倒的に日本海の物が多い。

なので『関西の夏を代表する魚』とまでは言えないでしょうか。
それでも美味しい魚であることに変わりはありません。
アイナメやメイチダイなどと並んで「夏に美味しい魚」のひとつとしていまだ人気は高いです。

200~300gの小さなアコウでも活けならk2500~
成長が遅い魚(40㎝ほどになるのに10年かかるとか)なので、大きいほど高値をつけます。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

今年は2kgサイズの物でk20000円つけてましたね~

ちなみに関東で「アコウ」というと

こちらの「アコウダイ」を指す地域も多くややこしい。

そんな夏の魚に・・・その地位を揺るがす難点あり

難点その①

アコウの産卵期は・・・『夏』!?
なので実際に美味しいのはその前、晩春~初夏にかけて。
産卵前後の夏の真っ盛りに買う時は注意が必要なのです。
とは言えあのハタ科の魚なので産卵期でも、よほどのことが無い限り味は良いはず!

この丸々肥えたアコウは10月の物。
これから冬に向けてどんどん良くなっていくでしょう。

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

『夏の魚』ですが真夏に買う時は注意が必要という難点。

もちろん産地や個体差があるので、真夏でもめちゃくちゃ肥えたアコウを見かけることもあります。
なのでそこまで大きな難点でもない。

のですが!

難点その②

こちらはちょっと大問題かも・・・

このヒルみたいな寄生虫。
彼の名は「イカリムシ」
特に夏の日本海からくる泳ぎのアコウに多く見られる気がします。
人体に影響はないし、引っ張ったらすぐ抜けるのであまり困ったやつではありません。
それでもたまに大量に付着しているのでかなり気持ち悪い。

大問題はこちら

なんかね、細~い糸の塊みたいなのがめり込んでる。
リリアトレマ・スクリジャビニていう寄生虫らしいのですが・・・

釣り人さんの感覚では釣り上げた中の約20%にこういう寄生虫がいるということですが・・・
市場に入荷してくるもの特に夏の日本海からくる泳ぎ物に関しては、もっとそれ以上の確率で潜んでいる気がします。

先生
先生

人体には影響ないから食べても大丈夫!

ってそういう問題ではない!

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

この画像の物はまだ数も少ないので、その部分取り除けば使えないことないレベルですが・・・もうどうしようもないほどこの虫に憑りつかれているやつも見かけます。

しかも三枚におろした身側からは全く見えないのに、皮を引いたら皮目にびっしり!なんてことも。
怖くて「焼き霜造り」や「丸ごと煮付け」にはできません。

アコウは元々安い魚ではない上に、夏枯れの魚が少ない時期に救世主の様に現れる。
どうしても価格は高騰気味。
なのにこういう寄生虫に怯えながら買わないといけないなんて!

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

アコウは夏らしくて味もいい魚。でもこういう可能性を念頭に置いて買った方がいいかもしれませんね。

ところでキジハタのキジってなんだろか?

ハタ科の魚の名前は「オオモンハタ」「アカハタ」など模様や体色によるものが多く何となくイメージの付くものが多い。
でも「キジ」って・・・

そう!日本の国鳥「キジ」ということ。
ハタ科の魚の中でも一番美味しいとまで言われるこの魚に、日本を代表する鳥の名を冠したのです。

説としては
①キジのような模様を持つ魚。
⇒どこにどうキジの模様があるのかわからない・・・

⓶目の色がキジのようにだから

確かに!
言われてみるまで気づきませんでした。
緑に限定することなく「キジのような美しい目を持つ魚」

仕入れ屋橋本
仕入れ屋橋本

言葉として僕の中ではこれがスッキリ入ってきました。日本を代表する美しく美味しい魚としておすすめしたいと思います。

ちなみにアコウは漢字で「石茂魚」
茂=草が生い茂るという意味があります。
藻の多い磯に多く、海底の石のすき間や岩穴に棲むからでしょう。
こちらは特に美しい名前でもないですね~

コメント

タイトルとURLをコピーしました